カリウムの摂取で高血圧を予防

カリウムの摂取で高血圧を予防

スポンサードリンク

減塩対策の強力な素材として注目されているのはカリウムです。
もともと人間の食事はカリウムが多く、ナトリウム(塩分)が少ないものでした。
昔は木の実や野草を調味料で味付けすることなく食べていたので、体はこのような食生活に適応するように進化し、腎臓は余分なカリウムだけを尿に排出する機能を持つようになりました。

 

しかし現代の食事はこの2つのミネラルバランスが逆転し、カリウムよりナトリウムが多くなりました。
ところが腎臓にはナトリウムを排出する機能はなく、必ずカリウムが一緒でないと排出できないのです。
つまり過剰なナトリウムを尿に排出して減らすためには、十分なカリウムの摂取が必要なのです。

 

 

カリウム不足は高血圧や心筋梗塞を招く

最近の研究で、体内でカリウムが不足し、ナトリウム過多になれば血管が収縮し、高血圧を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞にも影響がでることがわかってきました。
そこで厚生労働省では2005年の発表で生活習慣病を予防するためにカリウムを積極的に摂取することをあげていましたが、これまでカリウム不足を改善するには1日あたり2000mgとしていたのを、現在ではナトリウムと一緒に体外へ排出されることも前提に、1日あたり3500mgを摂取することが望ましいととする基準が設定されたのです。

 

カリウム400mgをとるには

 

バナナ 1本  / 切り干し大根(乾) 13g
トマト  1個  / じゃがいも(ゆでたもの) 中1個
きなこ  大さじ4 / 豆腐 1丁

 

 

バナナばかりでカリウムを補おうとすると糖分の摂り過ぎになってしまいますので上記のようないろいろな食材からカリウムを摂取することが大切です。
カリウムは肉類にも含まれていますが、カロリーの低い野菜や豆類、芋類からとるのが良いでしょう。

 

カリウムは水に溶けやすいので、下ゆでやアク抜きはしない方がおススメです。
野菜などをたっぷり入れた汁ものにすれば、汁に溶けだしたカリウムを無駄なくとることができます。

 

 

腎臓が悪い人はカリウム摂取に注意

 

カリウムを十分にとっていれば塩分を多量に取って良いということではありません。
カリウムもナトリウムも過剰に摂り過ぎて、ナトリウムの排出に役立てようとすることはそれだけ腎臓に負担をかけることになります。

 

腎臓が悪い人はカリウムをスムーズに排出できないことがあります。
カリウム摂取については注意が必要ですので、医師の師事に従ってください。

 

関連記事 血圧を下げる食材

 

 

【いちじくの栄養】
ビタミンやミネラルなどバランスよく含まれ、アルカリ性果実で主成分として、B1、B1、C、カリウム、鉄分、ペクチンなどが含まれています。