高血圧の原因と治療

高血圧の原因と治療

スポンサードリンク

高血圧と診断される方の9割以上の方が実は原因が明らかになっていない本能性高血圧と言われています。
しかしそれだけではなく、遺伝的な体質に塩分やアルコールの過剰摂取、肥満、ストレスなど様々な要因が影響して発症するとも考えられています。

 

高血圧も動脈硬化性疾患進行の重要な危険因子ですが、特に脳卒中との関連が強いことがわかっています。
高血圧の治療としては、減塩を中心とした食事療法と適度な運動が基本となりますが危険性に応じて薬物療法を開始します。

 

また動脈硬化性疾患の重要な危険因子として、喫煙があげられます。
喫煙にメタボリックシンドロームが重なると動脈硬化が進行しやすくなり冠動脈疾患や脳梗塞を発症する危険性が高まります。

 

さらに喫煙はメタボリックシンドロームの発症の危険性も高くし喫煙本数が多いほどその危険性は高くなりますが、反対に禁煙して禁煙後の年数が長くなるほどその危険性は低くなっていくということがわかっています。

 

メタボリックシンドロームの治療の基本は生活習慣の改善にあります。
生活習慣の改善により肥満が改善され、内臓脂肪が減少していきます。
しかし、生活習慣を改善してもまだ良くならない糖尿病、脂質異常症、高血圧があれば薬物療法を行う必要性があります。

 

ストレスの多い日々の生活において生活習慣の改善は難しいかもしれませんが健康な体を維持するためには意識して少しでも食事療法と運動療法を中心とした生活習慣の改善を行っていくことがとても重要です。

 

メタボリックシンドロームいなるとなぜいけないのでしょう?

その理由がわかれば明日からのダイエットの励みになるかもしれません。
メタボリックシンドロームと診断されたら血中脂質や血糖値、血圧おいずれかが既に基準値を超えているのでそれだけでも良くないのは事実です。

 

そのうえたっぷり蓄えた内臓脂肪から分泌される悪玉物質がさまざまな生活習慣病を引き起こすのです。
たとえば内臓脂肪からは血圧を上昇させるアンジオテンシノーゲンという物質が分泌され、高血圧を助長します。
さらにTNF-αという悪玉物質が分泌され、これは糖尿病の発症を促します。

 

もう一つあげれば、内臓脂肪は中性脂肪の合成を促して高中性脂肪血症を促進し、その結果、悪玉コレステロールを増やして動脈硬化も高めます。
そしてこれらの病気を放っておくと心筋梗塞、脳梗塞になる危険性も増すからです。

 

動脈硬化性疾患予防のための生活習慣の改善

1 禁煙、受動喫煙を回避する
過食を控え、標準体重を維持する
肉の油身、乳製品、卵黄の摂取を抑え、魚類、大豆製品の摂取を増やす

野菜、果物、未精製穀類、海藻の摂取を控える
食塩を多く含む食品の摂取を控える
アルコールの過剰摂取を控える
有酸素運動を毎日30分以上行う

 

 


おすすめ健康食品
ユーグレナの健康効果について