血圧は左右のどちらの腕で測る?

血圧は左右どちらの腕で測るのが正しい?

スポンサードリンク

自分で血圧を測る時、左右どちらの腕で測るのが正しいでしょうか?
心臓より近い左側? それとも利き腕の右腕でしょうか?

 

これまでに行われた実験や臨床結果によると、血圧を左右の腕で同時に測った場合、たいていは右腕の方が高くなることがわかっています。
しかも高齢者になるほど左右の差が大きくなりやすく、右と左では10mmHgも違うこともあります。
ということは左腕で測ったために高血圧を見逃してしまう危険性もあるのです。
このことから血圧は右腕の腕で測るのが医師の間では決まりになっています。

 

ところが家庭用の血圧測定器が普及してくると、こんな現象が現れました。
右利きの人が多いため、血圧測定器の操作を右腕で行った方が測りやすいことから左腕で測定する人が植えてきたのです。
家庭用血圧測定器の解説のイラストや写真も左腕で測定しているものがるのも事実です。

 

では左腕で測った血圧はでたらめなのか?というとそういうわけではありません。
ただ念のために右腕で測ったものと比べてみて、もし右腕の方が高かった場合は、それ以降は右腕で測ることをおススメします。
中には左腕の方が高かったという方もいるかもしれませんが、そのような方は左腕で測定してください。

 

さらに注意しなければいけないのは、左右で20mmHg以上の著しい差がある時です。
このような場合は、たいてい血圧が低い側の血管の動脈硬化がかなり進行していることが疑われます。
血管を狭めたり、詰まらせるような病気が原因となっている可能性があるのです。

 

左右の腕の血圧の差が気になる時は、病院で詳しい検査を受けてください。