家庭用血圧測定器の使い方

家庭用血圧測定器で正しい計り方使い方

スポンサードリンク

血圧の変動の把握は正しい計り方で行う事が前提です。
せっかく測っても正しいタイミングに、正しい測り方で測った数値でなければ意味がありません。

 

家庭での血圧測定はまずは正しい測り方を覚え家庭用血圧測定器で測ってください。
家庭用血圧測定器は、上腕式と手首式が主流です。
上腕式は医療機関でも使用されており、数値の誤差が少ないためおすすめです。

 

手首式や指式は小型で計量なので旅行時や外出先での測定に便利です。

 

これだけは守りましょう!血圧測定の注意点まとめ

朝と夜 1日2回安静時に測る朝は起床時の30分以内でトイレを済ませた後の朝食前が最適です。
夜は入浴直後を避け、就寝30分前椅子に座ってリラックスして測定しましょう。

測定部位を心臓の高さにして計る
上腕式も手首式も測定部位が心臓の高さにするようにしましょう。
上腕式はテーブルや椅子の高さなどを調整手首式は肘を曲げて手首が胸の位置になるように。

連続して計り平均値をとる。血圧を測定すると1回目が高くなる傾向があります。
正しい数値を確認するには2、3回計って平均値を出しましょう。

計測は上腕式がおすすめ。高齢者や高血圧気味の人は抹消血管に異常があることが多いため、計測に誤差が出やすい指式のものは向いていません。
信頼性の高い上腕式で測ることをおすすめします。

手首式や指式は補助的に使用。手首式や指式は上腕式より数値が低く出ることがあり、高血圧を見逃してしまう可能性がある為メインで使用することはおすすめできません。
あくまで携帯用として使用しましょう。

血圧は小刻みに変動し、心拍1回ごとに変わるものです。
計測時は気持ちを落ち着かせ安静にして計りましょう。

測定器の使い方を熟読する。測定器を購入したら使用する血圧測定器の説明書をよく読み正しい使い方を身につけて測定しましょう。